ウェルネスダイニング 口コミ

おいしい・安心 ウェルネスダイニングの弁当宅配の口コミは

 

  • 忙しくて夕食が手作りできない
  • メタボ気味なのでヘルシーな食事を取りたい
  • 単身赴任中で自分で料理できない
  • 高齢者1人暮らしで作れない

 

 

そんな方のために、
5分で食べられるウェルネスダイニングの弁当を紹介します。

 

年々増加する共働き世帯
なんと7割近い家庭に、妻も働く共働き世帯が広がっています。

 

そうすると困るのが夕食作り、高齢者がいるともっと困ります。

 

家事を分担しようにもどちらも夜遅くまで働いているから、平日は絶対作れない。
外食やスーパーの弁当や惣菜に頼るしかない

 

弁当宅配を取り寄せてみました

 

ウェルネスダイニングの口コミはいかに?

 

生活習慣病を招く体に悪い食事

 

でもスーパーの弁当や惣菜は

  1. 安さとボリューム重視で健康面が考えられていない
  2. 賞味期限を延ばすために、防腐剤や保存料を使っている
  3. 安く仕上げるために、外国産の食材を使っている

 

 

ウェルネスダイニングの弁当のレビュー

ずっと外食や弁当や冷凍食品を食べ続けていると健康に悪いです。

 

特に外食の素材は、中国産や韓国産の野菜、外国産の肉が使われています。
そして、おいしくするために油をたくさん使って塩分の濃い味を付けています。

 

10年後の健康を考えて、健康的な食事を取りましょう。

 

でも、忙しくて作れない

夕食を取るひと取らない日が変則的だから、その日のうちに食べないといけない弁当は腐らせてしまうかもしれないから困る

 

そこで、

  • 健康面がしっかり考慮されている
  • 可能な限り国産の食材を使っている
  • さっと15分以内に食べられる
  • 食べたいときだけ使える賞味期限が弁当

 

 

この4点をクリアした弁当・おかずを紹介します。

 

その前に疑問点を解消

 

弁当宅配を使った感想

健康面がしっかり考慮されているとは?

 

栄養士さんが高齢者の塩分やカロリーが少なくてもおいしく食べられる健康的なメニューを作っています。
具体的には、たんぱく質、熱量、脂分、糖質量、カルシウムなどを計っています。

 

手作りだから冷凍でもおいしい

そのため揚げ物など「脂っこくて美味しい」ものはほとんど入っていないといって良いでしょう。
また、塩からいものもめったに入りません。

 

これはメーカーによるのですが、中国産を全く使っていない所、極力排除しているところ、など公表しています。

 

ウェルネスダイニングの弁当は、電子レンジで4〜6分温めて食べられるのでスーパーの惣菜並みに簡単に食べられます。
また、おかずセットは、解凍や温め、用意な15分程度かかります。

 

和・洋・中のメニューがたくさんある

スーパーに売っている冷蔵の弁当は、その日が賞味期限、翌日まで持つものありますが、冷凍弁当は、3ヶ月〜10ヶ月の賞味期限があります。
3ヶ月ありますので実質的には、いつでも食べられて買いに行く手間もないので、一番手軽でしょう。

 

 

ヘルシーでおいしく減塩されてる

ウェルネスダイニングの口コミはいかに?

 

  • 一番手軽で安い!
  • おかずのみの冷凍弁当
  • 解凍時間電子レンジで4分(冷蔵庫に入れた場合は1分)
  • 栄養バランス 栄養士が作った献立
  • 1食当たりの価格 660円
  • 送料 700円(定期なら半額の350円)

 

 

冷蔵弁当のより自在に使える

弁当の種類 普通・腎臓食・糖尿食・塩分2グラム弁当の4種類

 

配達までの時間 注文から5日程度
まとめ買い  OK
1回に届く個数 7個、14個、28個のいずれか
定期の配達間隔 7日、2週、4週間に一度

 

お試しセット あり(送料無料で7食・14食をお試しできる)

 

ウェルネスダイニングの弁当の注文や配達手順や方法

時間はかかるけれど、これなら手作り

 

ごはん付き・なしを選べるおかずセット

 

解凍時間電子レンジや湯煎で15分
栄養バランス 栄養士が作った献立で野菜がたっぷり

 

1食当たりの価格 796円(ごはんなしなら760円)
送料 全国一律650円

 

弁当の種類 ウェルネスダイニングの弁当

 

  • 配達までの時間 長い(注文から10日以上かかる)
  • まとめ買い  不可
  • 1回に届く個数 5食セット
  • 定期の配達間隔 7日、隔週

 

お試しセット あり

 

 

メイプルフーズ

ウェルネスダイニングの口コミはいかに?

 

メイプルフーズの食事は、本格的な手作り料理です。
弁当でさっと済ませたい方には向いていません。

 

  • 素材にこだわりたい、
  • なるべく手作りと変わらない食事をしたい
  • 野菜をたくさん取りたい
  • 高齢者の食事を改善したい

 

弁当宅配の利用者:40代から50代の家庭でよく使われています

ウェルネスダイニングの弁当

ウェルネスダイニングの弁当は、手軽さを重視したい方向け
こちらも栄養士がバランスのよいメニューを作っているのでヘルシーな弁当です。

 

ヘルシー食は、市販の弁当屋の弁当より少し高いですが、手作りする時間と手間と労力を考えると安いものです。

 

特に用意する時間が5分から15分程度に大幅に時間短縮できるのは、ヘルシー弁当ならではのメリットです。

 

毎週頼まなくていいですし、お試しだけの宅配もできるので、味付けや冷凍弁当はどんな味なのかみることができます。

 

という私も初めて冷凍弁当を食べたとき、味に驚きました。
水っぽくない、温めてしまえば冷蔵となんら変わりない、おいしい弁当でした。

 

特に、土日に作り置きして冷凍庫に入れている方は、冷凍で味が落ちることをよく知っていると思います。

 

でもウェルネスダイニングの弁当は違います。
急速冷凍なので家の冷蔵庫みたいに味や食感が劣化しません。

 

 

お年寄りだからといって、むやみに柔らかいもの食べるのは噛む力落としたりするのでよくないと思いますが、歯がなくて物が噛めなかったり、入れ歯がなくて歯茎でしか物が噛めないという時は、柔らかいもの食べて栄養とったほうが良いです。

 

高齢者が楽しいはずの食事が楽しめなくなってしまう、噛めないという状態そんな時は食事作りを工夫して柔らかいものを作りましょう。

 

歯がない時に食べやすい弁当宅配サービス

介護食宅配

 

歯が無い方が食べやすい介護職を販売しているメーカーがあります。

 

それはやわらかダイニングというところ
やわらかダイニングでは少し柔らかめの食事と、かなり柔らかめで刻み食に近い食事と、ムース状態の食事も3種類用意しています。

 

どれも食べてみましたが、歯がなくて噛めない方には、きざみ食に近い少しやわらか食、かなりやわらか食が最適だと思いました。

 

ムース食は飲み込みにくい方が食べられる食事、ちょっと柔らかめの食事は歯が少し残ってる方に向いていると思いました。

 

歯がない方のための食事作りのポイント

介護食宅配

 

歯が無い方が食べやすい食事としては、焼いたら物、炒めたものよりは柔らかく煮たものもしたものが適しています。

 

歯がまだ残っていてそこそこ噛める場合は、少し歯ごたえが残る程度に柔らかく調理し、全く歯がなかったり噛む力が弱っている場合は、舌と歯茎でつぶせるように柔らかく食事を作ります。

 

魚や肉がそのまま食べられない高齢者の場合は、ミンチにして食事にしたり野菜の場合はすりおろしたり圧力釜で柔らかく煮る楽して工夫すると良いと思います。

 

筋切りや隠し包丁を入れるといった工夫もしたいものです。

 

歯が無い方が食べやすい食事

歯が無い方が食べやすい食事を作るのにはフードプロセッサーを使うと便利です。

 

フードプロセッサーを使うことで、高齢者でもイカやタコのような硬い食品が柔らかくすることができますし、後でとろみをつければ飲み込みもしやすくなります。

 

歯がない方が食べにくい食事
歯が無い方が食べにくい食べ物としては、ごぼうなどの固いものやこんにゃくなどの噛み切りが難しいもの、生の野菜や固い肉などです。

 

このようなものはフードプロセッサーを使うなどして、柔らかくしてあげることが必要です。